« コールマン チェア | トップページ | 2007/3/5 晩ごはん »

2007年3月 5日 (月)

あれは「私のカレイ」。

857シケ続きで海は大荒れ。波の高さは5メートル。釣り人たちはきっとウズウズしていることだろう。そんな大荒れの中で日曜日、波は3メートルから2メートルに。その後は大荒れになりそうなのでこの日を逃すことはない。
3月4日 鹿島魚釣園。それでも魚釣園脇のテトラに押し寄せる波はすごかった。遠くに見える堤防は、海側に押し寄せる波が堤防を越えて滝のようになっていた。
858
朝2時半起床。3時出発。前日早く寝たので眠くない。魚釣園に5時到着。魚釣園の開園は7時。でも入れる。すでに3組の釣り人。真っ暗の中で黙々と竿を出している。出っ張りから少し先で竿を出す。今日のエサは青イソメ1パック、赤イソメ1パック。(後、青イソメ2パック買い足す)

暗い中ライトをつけて竿を出す。さすが3月。寒くない。でも風は強く、髪がグシャグシャになった。
6時だんだん明るくなってきた。人もどんどん増えてきた。今日の釣り場は大賑わいだろう。7時過ぎ、魚釣園のおじさんが集金にきた。開園閉園時間を守っていない客なのにニコニコ顔。申し訳ありません。_(._.)_
8568時半。Kくんの竿にカレイ。バッカンにぴったり入るサイズのカレイが釣れた。ウォーウォーウォーこの調子で今日は釣れるかな???

10時すぎ、釣り場は満員。暖かくなってきたのでファミリーフィッシングも多い。とても賑やかな釣り場になった。でも釣れている声は聞こえない。反対側で小さい歓声があがった。Kくんと同じくらいのカレイが釣れた。みんなに注目されている。ちょっと離れたところで「アイナメだぁ!」という声が聞こえた。私は釣れない。

昼過ぎ、Kくんの竿と私の竿の間に「此処いいですか?」と入ってきた熟年夫婦。このおじさんどっかで見たことある。前もこの魚釣園で右隣で釣っていた夫婦だ。奥さんもおじさんも二人してよくしゃべるから覚えていた。仕方ないので竿を寄せた。釣り場が狭くなったけれど、仕方がない。今日も二人でよくしゃべっている。

しばらくして私の竿先がピクピク動いた。今日は波、風で竿がよく動く。でもこれは波や風の動きではない。Kくん曰く「魚がかかると竿が意志をもって動く」そうな。そんな感じ。わくわくしながら竿に近づいたら、熟年夫婦のおじさんとおまつり状態だった。しかもカレイつき。むっむっむっ!どっちの鈎にカレイがついているのやら・・・カレイはおじさんの白い糸の先についていた。私は朝5時から来ているのに・・・おじさんはさっき投げたばかりなのに・・・私が投げていた場所でおじさん投げてカレイを釣った。あれは私のカレイだ。そんなことをブツブツ思いながらまた投げる。でも釣れない。

今日は日曜日。あしたKくんは仕事。早めに帰ることにした。3時納竿。

本日の釣果→イシガレイ1匹(20cm)

|

« コールマン チェア | トップページ | 2007/3/5 晩ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108526/14143191

この記事へのトラックバック一覧です: あれは「私のカレイ」。:

« コールマン チェア | トップページ | 2007/3/5 晩ごはん »