« ミルキー大玉 | トップページ | 高品質塩イソメ作り »

2007年4月18日 (水)

野良ケンちゃん

4月16日 中央公共埠頭。約一ヶ月ぶりの釣り。この一ヶ月の間に、サクラが咲いて散って、すっかり春になった。久々なのに天気は曇り、降水確率80%、加えて海は強風。気温も冬に戻ったかのような寒さ。それでも魅力的な平日の釣りは行くしかない。

釣り場に着いたのは8時頃。前回満員だった中央公共埠頭に釣り人は誰もいない。工事現場のおじさんがいるだけ。あれ?釣りやってもいいのかな?不安になって警備のヘルメットおじさんに「あの~釣りやってもいいですか?」と聞いてみた。「トラックの出入りがあるからその邪魔にならなければいいよ。」「はい!じゃぁ端っこでやります!」この広い中央公共埠頭、貸切だ。

いそいそと竿を出す。しかし風が強い。車を風除けにしてエサをつける。今日のエサは青イソメ2パックと冷凍サンマ1匹。赤イソメは産卵時期でお店になかった。アイナメ釣りたいのに・・・。冷凍サンマはカニ仕掛け用。前回カニの味噌汁が美味しかったのでカニを釣ろうとカニ仕掛けをつくったKくん。

それにしても寒い。風が強くて外にいられない。投げて、車に入る。朝ごはんを食べ、お茶を飲んだら眠くなって一眠り。目が覚めて竿をあげてみるけど何もかかってない。また車に入る。

901昼前、野良犬がやってきた。後からきた釣り人からごはんをもらっている。ごはんをもらい終わると今度はこっちに来た。Kくん、カニえさ用のサンマをちぎってあげた。美味しそうに食べた。新しい車がきた。今度はそちらへ。ポッキーをもらっている。そういえば「野良犬にエサをやらないでください」ってどこかに書いてあったっけ。ポッキー車が行ってしまうとまたこちらにトコトコやってきた。もの欲しそうな顔をしている。車のまわりをグルグルまわる。「なんかちょーだい!」って顔。お座りをしてこちらを見つめる。きっとどこかで飼われていた犬なのだろう。人間の勝手か、犬の勝手かわからないけど、野良犬の世界で生きて行くのは大変だろうなーとかわいそうになった。で、おやつの「小枝」を少しあげた。がんばって生きていってね!野良ケンちゃん!

昼過ぎ、竿をあげてみると、小さいカレイが釣れた。小さいけどカレイ。その後小さいけどアイナメ。赤イソメがないのにアイナメが釣れた。その後Kくんメゴチ。アイナメ、アイナメ、カレイ・・・みんなかわいい手のひらサイズ。丸ごとから揚げサイズ。それまでも雨が降ったりやんだりだったけれど、そろそろ本格的に降ってきそうなので3時半納竿。余ったイソメは塩イソメ作りにチャレンジ!

900本日の釣果→マコガレイ3匹。アイナメ5匹。メゴチ1匹。
カレイは小さいのに大食いで、家へ帰って調理したら、お腹にイソメがパンパンに入っていた。

|

« ミルキー大玉 | トップページ | 高品質塩イソメ作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108526/14754416

この記事へのトラックバック一覧です: 野良ケンちゃん:

« ミルキー大玉 | トップページ | 高品質塩イソメ作り »