« さかなや千本一 | トップページ | 2007/4/30 晩ごはん »

2007年5月 1日 (火)

富士山見ながら釣り

9234月29日 晴れ 沼津で釣り。初めての土地でかなりドキドキ。釣り具店を検索してエサを買う。携帯電話のネット検索でヒットしたのはトージンという釣り具店。トージン釣り具店はお客さんでおおにぎわい。今日は沼津でキス釣り大会があるらしい。青イソメとジャリメ1パックずつ購入。

まず向かったのは静浦港大堤防。すでに釣り人がいっぱい。暖かいからか茨城の海と雰囲気が違う。堤防から海の底が見える。まわりの様子をうかがいながら竿を出す。なぜか皆さんウキ釣りだ。その理由はすぐにわかった。根がかりだ。Kくんも私も投げたらみんな引っかかった。これではダメだ・・・と場所移動。

我入道海岸。砂浜だ。ここなら根がかりしないだろう。でも砂浜で釣りをするのは初めて。まわりに人が少ないので思いっきり投げられる。でも飛ばない。砂浜から沖へ向かって投げるのと、堤防から沖へ向かって投げるのはワケが違う。風も強くなってきた。投げても波があってどこへ落ちたかわからなくなる。うぇ~ん釣れないよぉ。

そこへ私たちの左手で投げていた赤帽子のおじさんがエサ箱を持って近寄ってきた。残ったエサでもくれるのかな?「これ料理できる?」と持ってきたのはエサ箱サイズのキス4匹。「これあげるよ。今日は風出てきたからもう帰るから・・・」お礼もちゃんと言えないまま、おじさん去っていった。「どうしておじさんくれたのかな?」「キスいらないのかな?」「たくさん釣れたからおすそわけかな?」とKくんと話してるうちに「ここで釣れたキスかな?」私「聞いてくる!」と片付け始めているおじさんの元へ。

「先ほどはありがとうございました。このキスはここで釣れたんですか?」と私が聞けば、おじさん待ってましたとばかりに喋りだした。「そうだよ。ここで釣れたんだよ。でもね100メートルくらい飛ばさないとだめだよ。それから歩かなくちゃダメね。あとね市販の仕掛けはダメだよ。」と自作の仕掛けをポケットから出してきた。小さな鈎が4つついたシンプルな仕掛け。おじさん差し出すから私受け取った。「いただいていいんですか?」「うん。それでやってみな。そしたら必ず釣れるから!」おじさん、なかなか釣れない私たちを見ていたのだろう・・・それでキスをくれたんだ。「千葉から来たんですぅ。」私がそう言うと、哀れそうな顔をして「ここより千本の方が釣れるよ。今日は大会だったけど、もう終わったから、今だったら駐車場も入れるよ。そっちへ行ってみな。」と教えてくれた。「ありがとうございます。やってみます。」

924おじさんがくれた仕掛けはとってもシンプル。Kくん、参考にするからと仕掛け巻きに巻いて収納。
「100メートルだって!100メートル!」100メートルはどうやったって飛ばない。100メートルは運動会で走る100メートル走の距離だ。とっても遠い。糸先に羽がついて飛んでいってくれれば100メートル飛ぶだろう。
風が強く吹いてきた。波も荒くなってきた。そろそろ帰らないと・・・3時納竿。

本日の釣果→なし。もらったキス4匹

|

« さかなや千本一 | トップページ | 2007/4/30 晩ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108526/14920235

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山見ながら釣り:

« さかなや千本一 | トップページ | 2007/4/30 晩ごはん »