« コンビニツバメ | トップページ | 2007/7/23 晩ごはん »

2007年7月23日 (月)

生物の不思議

7月22日 曇りちょっぴり雨と晴れ 小潮 鹿島中央公共埠頭。朝、目が覚めると外は雨の音。天気予報は曇り一時雨。降水量は1ミリ。行くか行かないか布団の上で悩む。悩むうちに眠くなって気がついたら8時。前回、のんびり出発でまぁまぁ釣れたので今回も気合いを入れずに行くことにした。

9時少し前に出発。11時ごろ釣り場着。夏休み初日なのでファミリーフィッシングで混んでいるかと心配したけどそうでもなかった。しかし、連日の雨で足元が悪い。ゴミの山と泥と水たまり。少しでも乾いているところを選んで竿を出した。今日のエサは青イソメと赤イソメ各1パック、解凍されたアミ1袋。

990最初に釣れたのは探り釣りでカレイ。手のひらサイズのカレイ。その後、Kくんシャコ。シャコは何度か釣っているけど何度見ても宇宙人。陸だから大げさな動きになるのか、動く姿は奇妙そのもの。鮨ネタでシャコ(ガレージ:恥ずかしくて言えやしない!というかそういう鮨屋へは行けない)があるから食べられるけど調理する勇気はない。

次に釣れたのは"ウミタナゴ"竿を置きっぱなしにして、昼飯のおにぎりを頬張っていたら、竿がガタンと動いた。あわてて引き上げたら20cmくらいの魚。タイかと思ったらウミタナゴ。ちょっと大きな魚に興奮する。

991変わったものが釣れた。エサの赤イソメにくっついてきたイカの卵。透明なボールの中にイカの赤ちゃん。小さくてもイカの形。そーっとはずして海に帰した。今度会うときは大人のイカになってからね!

投げ竿はエサばかりなくなるので鈎を小さくした。鈎を小さくしたら、メゴチやカレイが釣れるようになったけど、みんな小さいサイズ。鈎に合った小さいサイズ。やっぱり大きい魚を釣りたかったら鈎は大きいサイズかなぁ?

Kくん、今日はシャコ祭り。シャコポイントがあるのかシャコばかり釣れる。合計4匹。こんなにシャコが釣れるならと帰りの車中でシャコ料理の勉強。生きたまま蒸してカラをむく!"茹でる"より"蒸す"方が残酷な気がするけど。次回チャレンジか・・・。

992足元に大きなカレイ、アイナメなどなど、何でもいいから大きな魚がいないかと、赤イソメ1匹づけの竿を出しておいたけれど何もかからない。その横を悠々と泳ぐアカエイさん。アカエイは毒針を持ってるけど食べられるらしい。

中央公共埠頭、海に向かって左側はアナゴポイント。刺身用イカをエサに大きなアナゴを釣っている人がいた。冬に来たときも同じ場所でアナゴを釣っている人がいた。アナゴもいいなぁ。

993 18時納竿。
本日の釣果→ウミタナゴ1匹、マコガレイ6匹、メゴチ6匹。
シャコ4匹、食用としないハゼ2匹は海に返却。
マコガレイ、小さくても並べれば30cm以上だ!

|

« コンビニツバメ | トップページ | 2007/7/23 晩ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108526/15854982

この記事へのトラックバック一覧です: 生物の不思議:

« コンビニツバメ | トップページ | 2007/7/23 晩ごはん »