« すえひろの天むす | トップページ | きゃらぶき »

2008年4月 5日 (土)

アメフラシとの遭遇

08_00363月29日 土曜日。約3ヶ月ぶりの釣り。せっかくのカレイシーズンなのに何故釣りをしなかったか?まず、年末に父ちゃんが亡くなった。他にもいろいろ忙しくて行けなかった。
桜満開のこの時期に釣り再開。久しぶりの釣りは鹿島の魚釣り園。前日早く寝たので、4時半起床、5時出発。魚釣り園到着は7時。ワクワクする。できれば、アイナメ釣りたいなぁ・・・贅沢は言わない・・・カレイでもいいなぁ・・・釣れるかなぁ・・・。

本日のエサはアミ1キロ、青イソメ1パック、赤イソメ1パック、塩イソメ(前回の釣りで余ったイソメを塩漬けして冷蔵庫に保存してあった)。
私たちが到着して、竿の用意をしていた時、後ろで歓声。30cmくらいのアイナメが釣れた。いいなぁ・・・アイナメいいなぁ・・・よしっ!と竿を出す。探り釣りの準備もOK。アミを大盤振る舞いで落とす。

08_0035_21時間・・・2時間・・・何も釣れない。何かかかってる!と思ったらヒトデ。探り釣りも同じ。生物反応ナシ。魚がエサをつっつく感触を今か今かと待っていたけど全くない。今日はボウズか?
午後になると風が出てきた。3月末でポカポカ陽気だけど風は冷たい。椅子に座って昼寝をしたら寒くて起きた。風邪が完全には治っていないのに。
風も冷たいし、釣れないし、エサもなくなったし、帰ることにした。今日はボウズ。ボウズもたまにはいいもんだ。帰ってから魚調理しなくていいもん!と強がりを言ってみる。

08_0037_2 隣で釣っていた人が帰った後、岸壁に何かうごめく物体がある。漬物石くらいの大きさ。何だろう?とKくんと近づいてみる。Kくん「アメフラシ!」へぇーこれがアメフラシ。名前は聞いたことがあるけど実物を見るのは初めてだ。なんとも言えないグロテスクな生き物。どこが目だかわからないけど、ツノはわかった。デンデンムシみたい。赤紫色の液を出している。刺激を与えると紫色の液を出すとKくんが解説してくれた。ここにいたら干からびて死んでしまう。写真撮影して海に落としてあげた。

本日の釣果→ボウズ

|

« すえひろの天むす | トップページ | きゃらぶき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108526/40775052

この記事へのトラックバック一覧です: アメフラシとの遭遇:

« すえひろの天むす | トップページ | きゃらぶき »